焼酎の楽しみ方

HOME > 焼酎の楽しみ方

焼酎の酒類

焼酎には大きく分けて「甲類」と「乙類」の二種類に分けられます。
この二つは主に蒸留方法によって分けられます。

甲種焼酎

明治時代に導入された新型の「連続式蒸留器」で蒸留され、アルコール度数36度未満のものを指します。連続して繰り返し蒸留されることによって、アルコール以外の成分、原料の風味や香りは取り除かれ、無味無臭の純度の高い焼酎ができます。甲類焼酎はホワイトリカーと呼ばれることもあり、サワーや酌ハイに用いられます。

乙種焼酎

「単式蒸留器」で蒸留された、アルコール度数45度以下のものを指します。甲類と違い、一度しか蒸留を行わないために、原料の持つ風味や香りが色濃く残り、独特の味わいが残ります。 原料の風味が生かされるので原料は非常にバラエティに富んでおり、さつまいも・米・麦をはじめ、黒糖・栗・そばなどが使われています。この乙類焼酎を「本格焼酎」といいます。熟成させる事によりさらに美味しくなります。

本格焼酎のいろいろ

本格焼酎の中には実にいろいろな種類があります。
現在生産されている本格焼酎は主要なものとして以下のものがあげられます。

芋焼酎
芋焼酎

さつまいもと米麹、又はさつまいも麹から作られます。さつまいも独特の甘い香りと味わいが特徴です。

詳しくはこちら

米焼酎
米焼酎

米と米麹から作られる焼酎。香りや味わいは日本酒に近く、上品で飲みやすい。

詳しくはこちら

麦焼酎
麦焼酎

麦を原料とした焼酎。口当たりが軽く癖がないのが特徴。麦特有の香ばしさがあります。

詳しくはこちら

黒糖焼酎
黒糖焼酎

製造は奄美大島諸島に限られています。甘い香り香、甘い味わいが特徴ですが、蒸留するので糖分はゼロで、さっぱりしています。

詳しくはこちら

蕎麦(そば)焼酎
蕎麦(そば)焼酎

そばを原料とした焼酎です。ほのかに香る、そばの香りと、そば独特の甘さが特徴です。

詳しくはこちら

泡盛

沖縄県下で造られる焼酎です。芳醇で上品な香りとまろやかさが特徴です。泡盛の中でも3年以上貯蔵熟成させたものを古酒(クース)といい、特別に扱われています。

詳しくはこちら

その他
その他

原料として使われるものには トウモロコシ・コウリャン・キビ・ハトムギ・カボチャ・栗・胡麻・サトイモ・ジャガイモ・ニンジン・ナツメヤシ・シソ・ワカメ・海苔・マタタビ・ヒマワリの種、山芋、牛乳などがあり、 本当に多種多様です。

詳しくはこちら

本格焼酎の楽しみ方

お湯割り、水割り、ロック、ストレート、カクテルといろいろな飲み方が楽しめるのも焼酎人気の理由の一つです。
ここでは焼酎を楽しむポイントをご紹介。

ロックで本格派!

ロックで楽しむときは、グラスに大きめの氷を入れ、それから焼酎を注ぐのが一般的。ロックにしてキリッと冷やされることによって焼酎は味がしまる、甘みも抑えられ、スッキリと飲みやすくなります。焼酎の味わいや風味をそのまま楽しみたい人にオススメです。

ポイント

必ず氷を先にグラスに入れ、その上から静かに焼酎を注ぎます。また、通は氷にこだわりたいもの。氷でうまさが左右されます。ミネラルウォーターや美味しい水から作られた氷で、大粒のものがあれば最適。

オススメ焼酎

味や香味に深みがあるものや、繊細でフルーティーな香りや吟醸香がある焼酎。
(佐藤・黒麹仕込、鳥飼、歌垣、富之宝山など)

香り豊かなお湯割り!

焼酎のお湯割りは、焼酎の本場である九州など、昔から地元の人々にも愛される王道とも言える飲み方です。焼酎がお湯で温められ交じり合うことで、香りがふんわりと立ち甘みがじんわりと広がります。

ポイント

お湯はぬるめ。人肌よりやや熱め(70℃くらい)にします。そして、必ずお湯を先に器に入れ、あとから焼酎をゆっくり注ぎます。こうするとグラスの上でふわっと焼酎の香りが立って味が一段と柔らかくなります。分量は焼酎が6に対してお湯が4。または半々くらいが一般的。

オススメ焼酎

風味がしっかり立っているタイプの焼酎。
(ひとり歩き、南泉、釈云麦、極楽など)

きりりと味わう水割り!

焼酎をごくごくと豪快に飲みたい人には、水割りが一番です。沖縄県や奄美諸島ではポピュラーな飲み方です。
ただしカルキの入った水道水は厳禁!せっかくの焼酎が台無しになります。 軟水のミネラルウォーターがあれば最適。
焼酎と水の分量は、基本は焼酎が6に対して水が4。焼酎を水割りする時には、あらかじめ焼酎、水の双方を冷やしておき、余計に氷を入れなくても良いような準備をしておくと良いでしょう。

ポイント

時間があるときに是非試していただきたいのが「割り水」。割り水とは、前もって焼酎を水で割って寝かせておくことをいいます。そうすることによって、水と焼酎が溶け合ってなじみ、とてもまろやかな味になるのです。
時間が経てば経つほど良いですが、一晩でも味がこれだけ変わるのかと、味が混ざり合って旨みが増します。

オススメ焼酎

泡盛の新酒や喉ごしがやわらかい黒糖焼酎や、味が良く伸びるタイプの芋焼酎や麦焼酎。個性的な風味のあるもの。
(朝日、まんこい、れんと、中々、黒霧島など)